喪中はがきの宛名は薄墨?ボールペンや宛名シール、横書きでもいい?

アドセンス審査用記事

喪中はがきは、あまり出す機会がなく、いざとなると知らないことも多いですよね。

お葬式などで必要な香典袋では、薄墨で名前を書くことがマナーですが、喪中はがきの場合は薄墨で宛名を書く必要があるのでしょうか?

また、宛名をプリンターで印刷のが主流になっている今、喪中はがきの宛名をボールペンで書いたり、宛名シールを使ってもいいのか、宛名を横書きにしてもいいのか、など細かいことも気になりますよね。

今日は、

  • 喪中はがきの宛名は薄墨か?
  • ボールペンや宛名シールを使ってもいいのか?
  • 宛名を横書きにしてもいいのか

ということに注目してご紹介していきたいと思います。

喪中はがきの宛名は薄墨で書くのがマナー?

なぜ、薄墨を使うのか

日本では、弔事の際には悲しみを表すために薄墨を使うことがマナーとされています。

香典袋などに書く際にもそうですが、この薄墨の由来としては「涙で墨が薄まってしまった」というような悲しみで涙に暮れているという意味があります。

喪中はがきの宛名は薄墨で書く?

喪中はがきの宛名は、実は薄墨でも普通の黒でもどちらでも大丈夫です。

コンビニで販売されている香典袋などは、黒ではっきりと”ご霊前“と書かれていますよね。昔は墨をすって筆で宛名を書いていましたが、今では様々なペンがあります。

また、昔と違って喪主があまり気にしなかったり、文字の色よりも悲しみを表す感情のほうが大切だ、という考えもあります。

ただやはり薄墨にこだわる場合、1つ気になる点は配達の問題です。

集められたハガキや手紙は、機械によって仕分けされます。最近の機械は性能がいいので薄墨でも問題なく読み取ることができると言われています。

ただし、7桁の郵便番号は仕分けには一番大事な部分です。

薄墨といっても、その濃さには幅がありますから、宛名は薄墨にしても郵便番号は黒にするといった方法のほうが機械の読み取りには安心です。

喪中はがきの宛名はボールペンで書いてもいい?

今は、色々なタイプのペンがありますが、手書きで宛名を書く場合におすすめなペンは、

  • 万年筆
  • 筆ペン
  • サインペン

といったものです。

ボールペンはというと、筆記用具の略式といわれているので、正式な書面である喪中はがきに使うことはマナーとしてはあまりよくないと考える場合があります。

万年筆を持っている方は今は少ないと思いますが、筆ペンやサインペンは100均でも簡単に手に入りますから、一つ用意しておくと便利ですね。

宛名シールを使ってもいいの?

上でもお伝えしましたが、喪中はがきは正式な書面です。

宛名シールは避けたほうが無難です。

宛名を横書きにしてもいいの?

あまり知られていませんが、宛名を縦書きにするか横書きにするかにはルールがあります。

表面(宛名)と裏面(文面)の書き方をそろえる

ということです。

文面を縦書きにした場合は、宛名も縦書きにしないといけません。

ただ、横書きは少しカジュアルな印象を与えます。喪中はがきは大切なはがきですから、横書きにするよりも縦書きのほうが好ましいと言えます。

まとめ

昨年、わが家に届いた喪中はがきは5通でした。

今回改めて見返してみたところ、宛名をサインペンで書いてあるものが1通、その他4通は印刷でした。しかもしっかりとした黒字です。

私自身もお香典は薄墨がいいということは知っていましたが、喪中はがきの宛名を薄墨にするべきかどうかということは全く考えたことがありませんでした。

おそらく自分自身が喪中はがきを出す立場になった際も、薄墨の選択ができるのであれば薄墨で、できないのであれば黒。

といった感じで、印刷でできる範囲で考えていくと思います。

昔と今との行い方が微妙に変化しつつあるので、昔のやり方に縛られる必要もないと思います。また、地域や宗教によっての慣習などもありますから、そういった面は重視して準備をしたほうが良いですね。

最近年賀状を出さずに、SNS上で新年のあいさつを済ませる方が多いですが、いずれは喪中はがきもSNSなどで「喪中です」とお知らせする時代になるのでしょうか・・・。

コメント